患者様お一人おひとりの生活状況や先々のことを考えたインプラント治療をすることが大切です。

埼玉県狭山市でインプラント治療をお考えの方、骨がない、骨が足りないなど、難しい、難症例で断られてしまった方など、難しいケースにも対応しています。インプラント治療は単にインプラントを埋入するだけということではなく、お一人おひとりの先々のことを考えたインプラント治療をすることが大切です。メインテナンスに来れる頻度、セルフケアの状況から考えた清掃性、インプラントを外さなければならないことになった場合など。様々なことを想定し、インプラントの治療計画を立てます。

埼玉県狭山市にある当院のインプラント治療の特徴

現在、インプラント治療は、広く普及し一般的と言える治療方法ですが、インプラントは、あごの骨にインプラント=人工歯根を埋入する「手術」であることに何ら変わりありません。そのため、埼玉県狭山市にある当院では、埼玉県狭山市、入曽エリアの患者様が多く、インプラント治療を得意としていますが、インプラント治療や、骨がない、骨が足りない、他院で断られたなど、インプラントの難しいケースにも対応するため、様々な設備を導入し、万全を追求してインプラント治療への取り組みを行っています。

骨が少ない方や神経との距離が近い方でも埋入しやすい、長さが短い、米国『bicon(バイコン社)インプラント』。

当院では、米国『bicon(バイコン社)インプラントを採用しております。通常、インプラントの埋入には、あごの骨の高さが10mm以上必要ですが、bicon(バイコン)インプラント の場合は長さが短いため、「骨が薄い」「顎の神経が近い」といった難症例のケースでも無理な手術なしでインプラント 治療が可能なケースもあります。

HAコーティングタイプは骨との結合に優れる国内メーカーではトップシェアの『京セラ』インプラント

京セラインプラントは、国産のインプラントです。京セラインプラントは、日本のインプラントシステムの中で最も歴史と実績があります。開発当初より『日本人による日本人ためのインプラント』と呼ばれており、日本人の顎の大きさや骨の性状を考慮し開発されているので、信頼性の非常に高いインプラントシステムの一つです。

インプラント治療について

当院では、埼玉県狭山市、入曽エリアの患者様が多く、埼玉、狭山市、入曽でインプラントについてお考えの方、他院で骨が足りないなどの理由で断られてしまった方など、難しい、難症例の方、歯科医院で説明を聞いて一回では良く分からなかった方も、一度インプラント治療や難症例の治療などについて本サイトの内容をご覧ください。インプラントは手術であるため、医院選びなどについても慎重を期したいはずです。まずはインプラントの基本的な知識を身に着けることで、その後の説明なども理解しやすくなるのではないでしょうか。

インプラントとは

753456dental-implants

インプラント(デンタルインプラント)とはチタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込みその上に人工の歯を装着する治療です。

詳しくはこちら

インプラント治療の方法

IMG_6190

インプラント治療ではあごの骨に人工歯根を埋入する手術を行います。インプラント手術にはいくつかの手術方法があります。

詳しくはこちら

骨が足りない場合

sinus-lift-multiple-implants - コピー

骨が足りない難症例の場合にも手術可能な場合があります。あきらめずに当院までご相談ください。

詳しくはこちら

インプラント周囲炎

753456peri-implantitis2

インプラントも天然の歯と同じく、プラークコントロールを怠ることで歯周病のような病気になることがあります。

詳しくはこちら

定期メインテナンスについて

IMG_5988

せっかく入れたインプラントを少しでも快適に長持ちさせるために定期メインテナンスは必須です。

詳しくはこちら

料金について

IMG_6198

インプラント治療は健康保険適用外の全額自費治療となります。基本的な料金と医療費控除についてご案内させて頂きます。

詳しくはこちら