当院のインプラント治療のバックボーン

現在、日本国内では、歯を失った場合に、噛む機能を取り戻す治療方法のひとつとして、インプラント治療は広く普及しており、インプラントは今や一般的といえる治療方法ですが、あごの骨にインプラント=人工歯根を埋入する「手術」であることに何ら変わりありません。そのため、埼玉県 狭山市 南入曽にある当院では、インプラント治療において様々な設備を導入し、様々な取り組みを通じて、スタッフ一同、万全を追求してインプラント治療に臨んでいます。ここでは、その中でも代表的な部分を掲載させて頂きます。

歯科用CTを駆使した診査・診断

埼玉県 狭山市 南入曽にある当院では、『歯科用CT』を院内に設置しています。歯科用CTは従来のレントゲンの2次元写真とは違い、3次元の立体映像であごの骨などの内部の様子までを詳細に確認することが出来ます。インプラントを埋入する顎の骨には、血管や神経が通っています。これを傷つけるわけにはいかないので、術前に詳細を把握しておく必要があるわけです。しかしレントゲン写真だけでは、正確にそれらを把握することは難しく、経験や勘に依存する部分が大きくなってしまいます。歯科用CTは非常に高価な設備ですが、これを院内に設置することで、よりしっかりとした診査・診断の役に立てることが出来、なおかつ患者様には、他の総合病院などに撮影にいってもらうなどの手間をかけさせることなく、詳細を確認することが可能となります。当院では、「Trophypan PRO」という機種を導入しております。

丁寧なカウンセリング

一般的なむし歯などの歯科治療でも患者様にとって様々な不安があるのですから、インプラント手術となるともっと疑問や不安を解消しておきたいというものでしょう。埼玉県 狭山市 南入曽にある当院では、「インフォームドコンセント(説明と同意)」だけでなく「インフォームドチョイス(説明し患者様ご自身が選択する)」の考え方の元、しっかりと患者様の疑問や不安と向き合い、丁寧に説明し、治療を受けるか受けないかを患者様に決定して頂き、その上で治療を受ける場合にはご納得の上で治療を受けられるよう、努力しています。

綿密なシュミレーション

埼玉県 狭山市 南入曽にある当院では、検査してから即手術ということではなく、「インプラントシュミレーションソフト」を使用して、歯科用CTの立体映像との組み合わせで、コンピューター上で予めシュミレーションをします。このプロセスを経ることで、より安全性を高めて実際にインプラント手術に臨むことが可能となるのです。

ガイディッドサージェリー

埼玉県 狭山市 南入曽にある当院では、コンピューターによるインプラントシュミレーション後も、手の間隔を頼りにドリルを使用するのではなく、「ガイド」というものを使用します。歯科用CTによる画像を元に、コンピューター上で「どの部分」に、「どの角度」でインプラントを埋入するか決定し、そのデータを元に入れ歯の様なものを作ります。これを「ガイド(サージカルガイド)」と言います。ガイドには、必要なサイズの穴が開いており、その穴から「決められた角度」でしかドリルを進めることが出来ず、「決められた深さ」までしかドリルが入らないようにできています。これにより、予定通りの角度と深さにインプラントを埋入することが出来るのです。

信頼あるインプラントメーカーを採用

埼玉県 狭山市 南入曽にある当院では、ただ単に安さなどでインプラントメーカーを決めることはせず、「信頼性」と「機能性」などを大切に、米国「bicon(バイコン社)」と日本の「京セラ(KYOCERA)」を採用しています。「bicon(バイコン社)」のインプラントは、長さが短いため、「骨が薄い」「顎の神経が近い」といったケースでも無理な手術なしで対応可能な場合が多い特徴があります。また、「京セラ(KYOCERA)」のインプラントは「HAコーティング」といいあごの骨と結合しやすい特徴を持っています。どちらも歴史と実績のある信頼ある世界企業です。患者様の状態に合わせて選択しています。

bicon(バイコン)インプラントについて詳しく見る

オペ室(手術用個室)の完備

埼玉県 狭山市 南入曽にある当院では、インプラント手術や顎顔面口腔領域における口腔外科手術の際に使用するため「オペ室(手術用個室)」を完備しています。オペ室には、「高性能の空気清浄装置」が設置されており、手術中の空気を清潔に保ちます。また、「生体モニタリングソフト」により、手術中の患者様の全身状態をビジュアルで直観的にわかりやすくして確認することができるようになっています。さらに酸素ボンベやAEDなども完備して、万全の状態を期してインプラント治療に臨んでいます。

メインテナンスを重視

埼玉県 狭山市 南入曽にある当院では、インプラント手術後の「メインテナンス」を非常に大切に考えています。インプラントも天然の歯と同様、プラークコントロールを怠ると、天然の歯の歯周病と同じような状態(インプラント周囲粘膜炎・インプラント周囲炎)になってしまいます。人工物であるインプラントは天然の歯の時よりも歯周病のような症状の進行が速い特徴がありますので、しっかりと定期的なメインテナンスを受ける必要があるのです。このことからも、当院では、定期的なメインテナンスを非常に重要視しており、定期的に真される患者様のご理解をいただけるようご説明させて頂いております。せっかくのインプラントを少しでも長持ちさせるために、また、残っている天然の歯を同様に長持ちさせるために、定期メインテナンスを受けられるようお願いしております

保証制度を完備

当院ではインプラント治療に対して「保証制度」を設けています。当院のインプラントは『10年保証』となっています。

※セルフケアとメインテナンスをしっかり受けて頂いた上での保証となります。